PPM

月曜9時からのドラマでは懐かしい旋律が流れる。500miles―昭和20年代生まれのわたしの世代だったら、PPMピーター・ポール・アンド・マリーやあるいはジョーン・バエズあたりのイメージなんだろうと思う。ドラマで藤原さくらが歌う500milesもとてもよい。
https://youtu.be/Uh2pU3FCQLE

この日本語訳は忌野清志郎の訳だろう。
この日本語訳を聞いていると500mmilesが単に離れた距離としか認識できない。「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ」も思い出の数になっていて、これと500マイルとどう繋がるんだろって思ってしまう。
ということでPPMをもう一度聞いて見た。Amazon Prime Musicで「500miles」で検索するといろいろとリストアップされる。PPMのアルバムがいくつも入っている。
アメリカで歌われていた歌をHEDY WESTが採譜して歌詞も確定させたとのことで、YouTuberでは彼女の声を聞くこともできる。PPMのとは全く違って聞こえる。PPMからの切なさのようなものとはちょっと違うのであって、カントリーウエスタンなんだなあって思った。
https://youtu.be/rwnNdqpCF8Q

これがPPMだとこうなるのです。
https://youtu.be/dTkdUFFW6nc

これなら まい×なお のもありかな
https://youtu.be/-zzJT_iQ6BM

曲は同じでも、全然別の歌詞をつけたサンタラがいい。
https://youtu.be/7Xfq7t1pXNc
田村キョウコ
のねっとりした歌い方と「て」の音がいいなあ。

ちなみに1996年に最初に建造していらい我がPCは、PUFF クンです。