朱色のアンカー

4colors04

昨日の日曜日は礼拝後に定期教会総会があって、帰りの時間が中途半端になった。家の傍まで戻ってきたところで、急遽北柏の自転車屋さんに行ってみようかということになった。
う~ん。ディープな世界だぁ。ひとりひとりの体格にあったフレームにホイルールやその他のパーツを組み合わせて最適のバイクを提供してくれるお店だ。フレームだけで40万円超~。お店の雰囲気もディープだがお値段もディープだぁ。でもそういうお店にいるとだんだん金銭感覚に不安を覚える。100万円とか200万円という自転車の価格が当たり前のように思えてきてしまう。…..キケンである。

ウェアやSPDシューズなどひととおり眺めて、キケン信号を感じているうちにそのお店を離れた。
北柏の次は南柏のお店を訪ねた。うってかわってあのディープさはない。天井からロードバイクがいっぱいぶら下げられている。ドロップハンドルはテーピングしていない金属の地が出ている状態だ。

素人判断なんがらにわたしの第一候補のアラヤのエクセラレースの在庫があった。しかも特価になっていた。いいなあこれ。

ツマさんは、朱色のアンカーが気に入ったみたい。アンカーはブリジストンの提供しているロードバイクだ。ビアンキのはいいろみどりのもいいといっていた。お金持って行かなくて良かった。すぐにでも買ってお持ち帰りしそうな勢い。結局妻さんは赤・黒のレーズジャージとグラブを買うことで自分なりに収めたようだ。

アンカーも悪くないなあと思った。前後ギア・クランク・ブレーキも105が載っているモデルがこのお店なら15万位だ。

最後にもう1店に立ち寄った。前の2つの専門店と違って、一輪車からママちゃり・電アシの端っこにクロスとロードがちょっとだけあるような量販店だ。お店の面積は前の2つに比べれば断然広い。
でもこの量販店の品揃えにはツマさんはなんの感動も抱かなかったようであった。

わたし自身もロードが欲しいと思う。
しかし自転車を始めるということは、こりゃ意外にお金掛かりそうと感じた。自転車は10万でもあれこれ始まってすぐに100万円ぐらいは散財しそうだ。
ロードを買ったらあちこち輪行したくなるだろうし、とりあえず宮古から伊良部大橋渡ってみたいし、生きている間の目標のひとつ台湾自行車環島というのもある。台湾自行車環島はロードじゃなくてランドナーの方が良さどうだ。
調べてみると宮古でロードを1日2000円でレンタルしたというブログも見つけたし、台湾まで運ぶことを考えたらこちらも向こうでレンタルすれば済むことのように思う。

となると、それまでのトレーニングが目的ということか。