青空

通院日

今日は3月に一度の通院日。以前は肝機能で、そして肝機能は継続のままに現在は血糖値が問題になってきた。つまりは歳をとったということだ。その血糖値の方は糖質制限食を実施することで劇的な改善が図られた。今日の検査結果もHgA1cは4.9。まったく問題のない数値だ。現時点では肝機能を除けば健康そのものといったところ。大好きなあんこや麺類は残念だけれどもまあ致し方がない。




この病院は新京成電鉄の沿線にあって、新鎌ヶ谷駅に通じ東武東上線で柏に通じますが、同じく京成線新鎌ヶ谷駅が隣り合っています。改札から左に行くと羽田空港、右を進めば成田空港というなんとも誘惑に満ちた駅なのであります。別に今日空港に行かなければならない用などなかったのですが、駅前のこの木を見かけその上に広がる青空を見てしまったのが、運の尽きというか、病院が予定より早く済んだこともあって、通院日なので本日は電話対応お休みの表示をWebに出していたのも背中を押して、ちょっと空港でランチタイムと思ってしまったのです。

なにしろ通院のために出てきたのだから、大きなカメラではなくて、いつも持ち歩いているv1に1nikkor 10mm と 1nikkor zoom 30-110mm の2本のみ。1nikkor 10mm は安定した絵を記録する。単焦点ならではなのかもしれない。30-110はそこ行くと性能の限界を感じる。上に上げた中では空港の働く車ぐらいなら期待通りの絵が撮れるのですが、滑走路の航空機の画像の画質はとても許容出来るものではないのです。逆光が苦手なのかもしれません。ズームレンズは構成するレンズ同士が鏡筒内で反射しあうのです。10mm も30-110mmも価格は同じものですから、そんなに贅沢はいえません。FXサイズの一眼レフカメラのレンズと比較すると半値いや1/3の価格の安価なレンズなのですから。これから写り優先の高級レンズもぜひ加えていただきたいと思います。



Follow me!

コメントを残す