リアルサンダーバード2?


ロシア製のアントノフAN-225というでっかい飛行機。もともとはソ連時代に軍事用に開発された機体ではないんかと思う。でも中米の地震の際には日本の自衛隊もこの輸送機をチャーターして、重機を運んでいた。東日本大震災でも原子炉への放水用消防車を運んできたのはこの方だったどうか確認していないがアントノフだったように記憶している。そうこの世界一大きな輸送機は、災害のあるところに救援のための重機や資材を運んで飛来する。あれ?なんだかあれみたい。そう、お子様だった頃NHKで放送されていたサンダーバード2号機、国際救助隊の大型輸送機だ。
このアントノフAN-225。添付の画像ではよく分からないのですが、機種の脚が2本あります。胴体下にはまるでムカデの足のように車輪がずらりと並んでいます。どれもこれも重い機材を運ぶことを目的に設計されているのです。たぶん旧ソ連体制では、連邦に所属する国々の中央政府の離反を留めるような目的があったのかもしれない。救援機材ではなくて、戦車が運ばれたんだと思う。

夕暮れでのスナップ。あんなに暗いところでも結構写るもんだと感心する。
暗い空に向けて手ぶれとオートフォーカスのテスト。最近のデジカメは人間の目よりよっぽど性能がよろしい。
坂井屋精肉店の味噌カツ丼。葱のグリーンもいいですね。

Follow me!

コメントを残す