やっぱりGXR

GXR+P10の絵。P10は基本的にCX3と同じものをベースにしている。CX3が気に入っていたのでP10でも良いと思った。GXRにはGRレンズのA12シリーズのレンズがあるが、まずはこのP10で楽しめる。いずれA12の28ミリをとは思うが、使ってみてやっぱりズームがあったほうが楽しい。X100はよい写りだが、単焦点だけではものたりないと感じる。お散歩カメラとしては不便さをついつい感じてしまうのだ。
これはこのユニットについている白黒の高コントラスト画像。銀塩フイルムをつかっていたころ、現像時間を伸ばしてざらざらした絵にしたがったころが懐かしく思う。
CX3の後にはCX4やCX5が登場しているがCX3までのものに比べ丸っこくなんだか安そうになったのが今ひつと喜べない。
GXRならRAWデータも出力するので自由度があるのがよい。あとは写真機としてのかちっとした剛性のようなものが使っていた嬉しい。
ところでこれまでの回り道での散財をなんとか回復したいもの。P7000もX100もアマゾンに出しているがいまだ反応はない。X100のフードだけは10000円で出したので売れるわけないかと思っていたらその日のうちに買いてがついた。アマゾンが1800円も手数料をとるので、なんだか損したような気がする。

Follow me!

コメントを残す