お散歩カメラ

水のはいったグラス。どうだろう左がX100。となりがGXR+P10。階調製はX100の方が上だ。GXRの方にはノイズも感じられる。画像をデータとして捉えるとそうなのだが、これを撮った者としては、実際の姿はGXRの方が近いことを知っている。発売前からレンズがいい色がいいと話題になったX100というカメラは、僕的には「創りすぎる」感じがしてちょっといやだなと思い始めている。はなにつくということばはこのためにあるのかななんて思っている。その隣のコーヒーカップも同様。X100の方が階調性豊でノイズが少なくなめらかだ。あるしゅ「いい写真」をつくろうとしていることは感じられる。ただ僕が気に入らないだけだ。
下段の4枚はすべてGXR+P10。しかも片手撮影。P10はCX3の機能をユニット化したものだが、CX3より一回り大きなボディーとしっかりしたグリップのおかげで片手撮りが可能だ。花の絵はちょっとどぎついかも。

Follow me!

コメントを残す