日本じゃないみたい

ナトリウム色に染まって、なんだか日本じゃないみたい。電力削減のために電力使用量を半分以下にしたのだろうと思う。これはこれでいいみたい。犯罪を減らすには青い灯火にすると良いという。まさにその反対。心騒ぐというか、ああアジアだなあという感じ。でも心騒ぐから犯罪は増えるかもしれない。周囲には計画停電対象外の地域もある中で、柏市はほぼ毎日計画停電。デパートも駅ビルも照明を半分にして薄暗い中で営業中。エスカレータも停止中。ただでさえ暗めのドンキホーテも蛍光管を外して、さらにその半分の照明です。

毎日の停電と水道水についての報道。なかなか買えない燃料。いまも空っぽのスーパーの食品売場。そろそろいろんな音が聞こえてきます。でもここが踏ん張りどころ。被災地の皆さんのことを考えたら、勿体無いぐらい。

振り返ってみれば、僕らがお子様だったころ、風が吹けば停電し、雪がふれば停電した。もちろん計画停電ではない。台風が来るたびに断水したりということは当たり前だった。そうした中で大人たちの逞しい姿を見て育った。日々の生活を少しづつ立て直して、ひとつひとつのことをきちんとやろう。そんなふうに思う日々です。

Follow me!

コメントを残す